様々な方法でキイロスズメバチを退治|駆除して被害拡大を阻止しよう

いろいろな対処方法

スズメバチ

対処方法

キイロスズメバチは都市を中心にして見かけるスズメバチの1種です。田舎や地方にはあまり見かけない種類のハチですが、その習性は非常に攻撃的です。巣に近づくものは何でも攻撃しますし、エサを取っているときも近づいたものにすぐ攻撃しようとします。そのため、人間にとって非常に危険な存在なので、巣を発見したらすぐに駆除する必要があります。キイロスズメバチの巣を発見したときの対処方法は次のようなものになります。まず距離を取ってハチの種類を特定することです。都市にあって大きな巣であればキイロスズメバチの可能性が高いです。キイロスズメバチの巣はスズメバチが作る巣の中でも最大級なので容易にわかります。その巣がある土地の所有者に連絡して対処するよう依頼すれば良いです。

自分の家の巣の対処

巣を発見したのが自分の家の場合は次のようなものがあります。つまり、キイロスズメバチ専門の駆除業者に連絡して駆除してもらうことが1つです。もう1つは自分で駆除することです。完全に身体を包み込んでくれる防護服を用意しましょう。雨合羽の上下でも代用はききますが、軍手と長靴を忘れないようにします。それから遠距離から専用の混合液が入った水鉄砲を巣の入口付近に向けて噴射します。この混合液の作り方は、水と殺虫剤を1:20くらいの割合で混ぜるとできます。ここでのポイントはなるべく距離を取ることが大切です。これを毎日1週間程度続けるとキイロスズメバチはいなくなります。そうなると巣をもぎ取って袋に入れて駆除は終わります。

ハクビシンは害獣です

朽ちた木

ハクビシンの侵入を放置すれば、被害は拡大していきます。早めに害獣駆除業者へ依頼する事が必要です。害獣駆除業者なら短期間でハクビシン駆除ができる上に今後のアドバイスもしてくれるので安心して依頼する事ができます。

もっと知ろう

農作物や生活を守るために

作業者

農作物や生活への被害を発生させるハクビシン駆除を行うためには、自治体からの許可が必要になります。また、捕獲するためには被害を発生させる個体に限られています。わなを仕掛けるためには免許が必要なため、専門業者へ依頼する必要があります。

もっと知ろう

害獣でお困りの方に

駆除薬散布

ハクビシンは、民家に住み着き、畑や果樹園の果物を食べ荒らす困った動物です。その捕獲・駆除には専門の資格や知識が必要で、都道府県の許可がいります。ハクビシン駆除は、専門の業者に依頼するのがよいでしょう。

もっと知ろう